青春アドベンチャー

(1995年3月までの分)
期間: 1992.4~(継続中)
時間帯: 夜10:45~11:00
1992年
 放送月日  タイトル          放送月日  タイトル
 4/ 6~ 4/17 14歳のエンゲージ      9/ 7~ 9/18 怪人二十面相・伝
 4/20~ 5/ 1 不良と呼ばれた夏      9/21~10/ 2 都会島のミラージュ
 5/11~ 5/22 王女アストライア     10/ 5~10/23 わたしは真悟(再)
 5/25~ 6/ 5 東京防衛軍        10/26~11/ 6 マドモアゼル・モーツァルト
 6/ 8~ 6/19 あたしの嫌いな私の声   11/ 9~11/20 ベルサイユのばら外伝
 6/22~ 7/ 3 星虫           11/24~12/ 4 ロンリー・ランナー
 7/ 6~ 7/17 ブラックホール      12/ 7~12/11 雪の女王
 7/20~ 7/31 超能力はワインの香り   12/14~12/18 アドベンチャー的
 8/ 3~ 8/14 北壁の死闘                     5大ニュース
 8/17~ 9/ 4 サラマンダー殲滅(再)
1993年
 放送月日  タイトル          放送月日  タイトル
        1/ 1 遠い星から来たノーム    6/14~ 7/ 2 ジュラシック・パーク
     1/ 2, 3 キャロル(再)        7/ 5~ 7/16 ふたり
 1/ 4~ 1/15 おしまいの日        7/19~ 7/30 スフィア
 1/18~ 1/29 五番目のサリー       8/ 2~ 8/13 おしまいの日(再)
 2/ 1~ 2/12 マドモアゼル・       8/16~ 9/ 3 ブルボンの封印
          モーツァルト(再)  9/ 6~ 9/17 くたばれ! ビジネスボーグ
 2/15~ 2/26 OZ             9/20~10/ 1 武蔵野蹴球団
 3/ 1~ 3/ 5 ブラックホール(再)    10/ 4~10/ 8 ザ・マンボスパイズ
 3/ 8~ 3/19 あたしの嫌いな私の声(再) 10/11~10/29 わたしは真悟(再々)
 3/22~ 4/ 2 超能力はワインの香り(再) 11/ 1~11/ 5 草上仁のミラクルワールド
 4/ 5~ 4/16 夢の木          11/ 8~11/19 都立高校独立国
 4/19~ 4/30 猫のゆりかご       11/22~12/ 3 悲しみの時計少女(再)
        5/ 1 遠い星から来たノーム(再) 12/ 6~12/17 サンタクロースが
 5/10~ 5/21 春休み少年探偵団                  歌ってくれた
 5/24~ 6/ 4 テレヴィジョン・シティ  12/20~12/24 我輩は犬である
 6/ 7~ 6/11 ハリーとアキラ
1994年
 放送月日  タイトル          放送月日  タイトル
        1/ 1 遠い星から来たノーム(再々)  8/ 1~ 8/12 北壁の死闘(再)
        1/ 2 イズァローン伝説      8/15~ 8/26 あの夜が知っている
 1/ 3~ 1/21 アドリア海の復讐      8/29~ 9/ 9 アナスタシア・シンドローム
 1/24~ 2/11 紅はこべ          9/12~ 9/23 くたばれ!
 2/14~ 2/25 少年探険隊                  ビジネスボーグ(再)
 2/28~ 3/11 スフィア(再)        9/26~10/ 7 アリアドニの遁走曲
 3/14~ 4/ 1 アドリア海の復讐(再)   10/11~10/21 バイオレンス・ジャック
 4/ 4~ 4/15 霧隠れ雲隠れ       10/24~11/ 4 笑う20世紀
 4/18~ 4/29 エンジェルス・エッグ   11/ 7~11/18 カルパチア綺想曲
 5/ 9~ 5/20 平成トム・ソーヤー    11/21~12/ 2 サンタクロースが
 5/23~ 6/ 3 バナナ・フィッシュ               歌ってくれた(再)
 6/ 6~ 6/24 紅はこべ(再)       12/ 5~12/16 レディ・スティンガー
 6/27~ 7/ 8 昔、火星のあった場所   12/19~12/24 イノシシが来た
 7/11~ 7/29 ウォッチャーズ
1995年
 放送月日  タイトル          放送月日  タイトル
        1/ 2 カムイ外伝         2/27~ 3/ 3 せえけつ教育委員会
        1/ 3 イズァローン伝説(再)                  ホイホイ
 1/ 4~ 1/27 三銃士           3/ 6~ 3/10 オーバー・ザ・ハポン
 1/30~ 2/10 リプレイ          3/13~ 3/17 笑う20世紀(再)
 2/13~ 2/24 吸血鬼ドラキュラ      3/20~ 3/31 あの夜が知っている(再)



1992年

1992.4/6~4/17 (10回)

「14歳のエンゲージ」


1992.4/20~5/1 (10回)

「不良と呼ばれた夏」


1992.5/11~5/22 (10回)

「王女アストライア」

[あらすじ] 第4世界テーヌ・フォレーヌの第3王女アストライアは、 ある日ヘラとアポロンの密会を目撃してしまう。 ヘラはアストライアに、愛する者と決して結ばれない呪いをかけ、 第3世界へ封じ込めてしまう。 アストライアはそこでマケドニア王子アレクサンドロスと出会う。 彼に惹かれていくアストライア、しかしヘラの呪いの効果は確実である…。 (小林@東大理さんによる)
1992.5/25~6/5 (10回)

「東京防衛軍」


1992.6/8~6/19 (10回)

「あたしの嫌いな私の声」

[あらすじ] ミュージカル「メリー・ポピンズ」で役をもらったわたし。 しかしあの男の声「死んでしまえ!」を聞いて以来、声が出なくなってしまった。 公演の日は迫る。わたしは元に戻せるのだろうか。 (小林@東大理さんによる)
1992.6/22~7/3 (10回)

「星虫」


1992.7/6~7/17 (10話)

「ブラックホール」

  1. しつこい人
  2. 目が覚めたら
  3. のぞき
  4. 交通事故
  5. ビルの屋上
  6. きみの韋駄天
  7. 絞殺魔
  8. 賽銭泥棒
  9. 訪ねて来た男
  10. ベビー・シッター
[あらすじ] 日常にぽっかり口を開けた暗闇の恐怖を描く短篇集。
1992.7/20~7/31 (10回)

「超能力はワインの香り」


1992.8/3~8/14 (10回)

「北壁の死闘」


1992.8/17~9/4 (15回)

(再)「サラマンダー殲滅」

1991.6放送分
1992.9/7~9/18 (10回)

「怪人二十面相・伝」

[あらすじ] サーカス団にもらわれた平吉が教えを受けることになった丈吉という男は、 軽業と奇術の腕に加えて、豊かな学識も持ち合わせた男だった。 丈吉がサーカスを去ってしばらく後、 二十面相と名乗る怪人が帝都を騒がせはじめる。
1992.9/21~10/2 (10回)

「都会島のミラージュ」


1992.10/5~10/23 (15回)

(再)「わたしは真悟」

1991.10放送分
1992.10/26~11/6 (10回)

「マドモアゼル・モーツァルト」

[あらすじ] モーツァルトは実は女だった。
1992.11/9~11/20 (10回)

「ベルサイユのばら外伝」


1992.11/24~12/4 (9回)

「ロンリー・ランナー」


1992.12/7~12/11 (5回)

「アンデルセンの雪の女王」


1992.12/14~12/18 (5回)

特集「アドベンチャー的5大ニュース」



1993年

1993.1/1(11:30~??)

☆ 「遠い星から来たノーム」


1993.1/2~1/3(10:00~11:00) (60分×2回)

☆ (再)「キャロル」

1991.1放送分
1993.1/4~1/15 (10回)

「おしまいの日」

使用曲……ED=谷山浩子「会いたくて」(アルバム『歪んだ王国』収録)

[あらすじ] 夫の帰りを待つうちに、孤独のためどんどんおかしくなってゆく 主婦の心理を描くサイコホラー。
1993.1/18~1/29 (10回)

「五番目のサリー」

[あらすじ] 一見めだたない平凡な娘サリー・ポーターは、多重人格の持ち主だった。 彼女自身の精神が耐えられない事態に直面すると、 とっさにほかの人格に切り替わってしまうのだ。 精神科医アッシュの協力で、五つの人格を統合するための治療が始まった。
1993.2/1~2/12 (10回)

(再)「マドモアゼル・モーツァルト」

1992.10放送分
1993.2/15~2/26 (10回)

「OZ(オズ)」

[あらすじ] 1990年10月15日第三次世界大戦勃発。一発の核弾頭の誤爆によってひきおこされ たこの大戦は、わずか40分間で世界を壊滅状態に陥れて終結する。(以上ナレー ションより)そして31年後の地球で、飢えのない科学の幻の都“OZ”があると いう伝説がささやかれていた。これはその都をめざす少女、少女を守る傭兵、案 内人の機械人間の物語である。 (倉田さんによる)
1993.3/1~3/5 (5話)

(再)「ブラックホール」

1992.7放送分から、前半5話)
1993.3/8~3/19 (10回)

(再)「あたしの嫌いな私の声」

1992.6放送分
1993.3/22~4/2 (10回)

(再)「超能力はワインの香り」

1992.7放送分
1993.4/5~4/16 (10回)

「夢の木」


1993.4/19~4/30 (10回)

「猫のゆりかご」

[あらすじ] 変人科学者フィーリクス・ハニカーが残した三人の奇型の子供と、 触れた水分をすべて氷に変えてしまう危険な発明「アイス・ナイン」を縦軸に、 ボコノン教という冗談じみた宗教を横軸に描かれる、 奇妙におかしい世界の終末の物語。
1993.5/1(夜10:00~朝1:00) (100分+75分)

☆ (再)「遠い星から来たノーム」

[あらすじ]
第一部・トラッカーズ…… 体長10cmほどの小さな生き物「ノーム」の一団が、 人間のトラックに乗り込んで運ばれていった先は、とあるデパートの中だった。 そこには何千人ものノームが、外の世界の存在を知らずに暮らしていた。 このデパートは間もなく取り壊される予定なのだが、彼らはそれを信じようとしない。
第二部・ディガーズ…… デパートを脱出して廃坑に住みついたノームたちだが、 ここにも人間たちがやってきて、ノームの生活をおびやかしはじめた。 もう、この地上には安心し住める場所はないのだろうか。

1993.5/10~5/21 (10回)

「春休み少年探偵団」


1993.5/24~6/4 (10回)

「テレヴィジョン・シティ」

[あらすじ] 地球から15億キロ離れた「鐶の星」で、コンピュータに管理されて暮らす子供たち。 ビルの壁に映し出される「碧い惑星」に憧れ、いつかはそこを訪れたいと考える アナナスだが、少年たちを待ち受ける残酷な運命が徐々に明らかになってくる……。 なお、原作と全然別物になる後半部は聴かない方が無難である:-p
1993.6/7~6/11 (5回)

「ハリーとアキラ」


1993.6/14~7/2 (15回)

「ジュラシック・パーク」

[あらすじ] 琥珀から抽出したDNAと、最新のバイオ技術とによって、 ついに恐竜が現代によみがえった。 「ジュラシック・パーク」の安全対策は万全なはずだったが……。
1993.7/5~7/16 (10回)

「ふたり」

備考: 7/12は地震速報のため中止、16日に2回分まとめて放送した。

[あらすじ] 事故で死んだはずの姉の声が頭の中で聞こえるようになってから、 二人の奇妙な共同生活が始まる。 と書くとなんかホラーみたいだがそんなことはなくて、 さわやかな青春物語である。
1993.7/19~7/30 (10回)

「スフィア」

[あらすじ] 南太平洋の海底で発見された、宇宙船とおぼしき建造物の残骸から、 謎めいた銀色の球体が海底基地に運び込まれた。 その時から海底基地に、次々と奇怪なできごとが降りかかる。 やがて科学者たちは気づいた。 この球体は、中に入った者の考えたことを現実にするのだ……。
1993.8/2~8/13 (10回)

(再)「おしまいの日」

1993.1放送分
1993.8/16~9/3 (15回)

「ブルボンの封印」


1993.9/6~9/17 (10回)

「くたばれ! ビジネスボーグ」

[あらすじ] 世の中の仕事はビジネスボーグと呼ばれる、 体の一部を改造したサラリーマンに独占され、生身の人間の出番はまったくない。 ところが、送電衛星の故障で、 ビジネスボーグは三日の間まったく活動できなくなった。 さあ、今こそ我が大友探偵事務所の優秀さを見せる時だ!
1993.9/20~10/1 (10回)

「武蔵野蹴球団」


1993.10/4~10/8 (5回)

「ザ・マンボスパイズ」


1993.10/11~10/29 (15回)

(再々)「わたしは真悟」

1991.10放送分
1993.11/1~11/5 (4話)

「草上仁のミラクルワールド」

  1. 「狼男」
  2. 「ウォーター・レース」
  3. 「殺せ!」
  4. 「おしゃべりセッション」

    (1, 4 はハヤカワ文庫JA『お喋りセッション』、 2は同『ラッキー・カード』、3は同『ゆっくりと南へ』所収)

備考: 11/3は休み

[あらすじ] 近未来のイルカレース(第二話)、 喋ることがアートとしてしか行われなくなった社会で、 一般人の夫婦が会話を取り戻そうとする話(第四話)など。
1993.11/8~11/19 (10回)

「都立高校独立国」


1993.11/22~12/3 (10回)

(再)「谷山浩子の“悲しみの時計少女”」

1992.2放送分
1993.12/6~12/17 (10回)

「サンタクロースが歌ってくれた」

[あらすじ] 演劇部顧問の成井先生は、 芥川龍之介や江戸川乱歩が活躍するクリスマス劇の台本を書いていた。 ところが、台本の内容に不満をとなえた登場人物たちが、 次々と現実世界に飛び出してきてしまう。
1993.12/20~12/24 (5回)

「我輩は犬である」

[あらすじ] 一年間犬の姿で人間世界を観察することになる銀河連邦の調査員が、 1993年の日本社会についてレクチャーを受ける。

1994年

1994.1/1(夜10:00~朝1:00) (180分)

☆ (再々)「遠い星から来たノーム」

(詳細は前回放送分参照)

[あらすじ] 第三部・ウィングス…… ノームたちは一万年前に遠い星からやってきて、地球に不時着した種族だった。 月面の裏側には、彼らを故郷へ連れ帰るための宇宙船が用意されているのだ。 しかしそれを呼び出すには、強力な通信装置が必要だ。 マスクリンたちはジェット機に潜り込んで、 通信衛星の打ち上げ施設をめざす。
1994.1/2(10:00~12:00) (120分)

☆ 「イズァローン伝説」

使用曲……OP/ED=(曲名不明)(『アルスラーン戦記』サントラ収録)


1994.1/3~1/21 (15回)

「アドリア海の復讐」


1994.1/24~2/11 (15回)

「紅はこべ」


1994.2/14~2/25 (10回)

「少年探険隊」


1994.2/28~3/11 (10回)

(再)「スフィア」

1993.7放送分
1994.3/14~4/1 (15回)

(再)「アドリア海の復讐」

1994.1放送分
1994.4/4~4/15 (10回)

「霧隠れ雲隠れ ~スーパー忍者物語~」

使用曲……OP=(曲名不明)(『イクセリオン』サントラ収録)

[あらすじ] 真田幸村と十勇士の戦いとその行く末を描く歴史ドラマ。…と書くとシリアスそ うだけど、原作(←こっちはシリアス)とちがって、お笑いの要素強し。関西人 にオススメ。(なんのこっちゃ) (倉田さんによる)
1994.4/18~4/29 (10回)

「エンジェルス・エッグ ~天使の卵~」

使用曲……ED=ロビー・バレンタイン「over and over again」

[あらすじ] ある日“僕”は満員電車の中、五堂春妃という女性に出会った。“僕”は春妃に ひと目惚れしてしまう。なんと彼女は高校時代のガールフレンドの姉であり、父 の担当の精神科医だった。しかし“僕”の恋心は止められない―― (倉田さんによる)
[メモ] 最終回はほとんどドラマオリジナルでけっこう楽しめる、そうです。
1994.5/9~5/20 (10回)

「平成トム・ソーヤー」

使用曲……ED=kix-s「いつの日か この涙」


1994.5/23~6/3 (10回)

「バナナ・フィッシュ」

使用曲……ED=「陰謀~追跡」(『アップフェルラント物語』サントラ収録)

備考: ドラマCDあり

[あらすじ] ニューヨークのマフィアと渡り合う ストリートチルドレンのリーダー、アッシュ・リンクス。 やがてアッシュは、かつて自分の兄の命を奪った、 バナナ・フィッシュという恐るべき麻薬の存在を知る。
1994.6/6~6/24 (15回)

(再)「紅はこべ」

1994.1放送分
1994.6/27~7/8 (10回)

「昔、火星のあった場所」

使用曲……ED=Miranda Sex Garden「ARDERA SEMPRE」(アルバム『SUSPIRIA』収録)

[あらすじ] 地球と火星を「門」で結ぶプロジェクトが失敗した結果、火星は分解し、 かわりに地球でも火星でもない奇妙な空間が生まれてしまった。 人間が鬼になったり、たぬきと呼ばれる機械生物が人に化けたり、 不思議なことばかり起こるこの世界の本当の姿とは……。
1994.7/11~7/29 (15回)

「ウォッチャーズ」

[あらすじ] トラヴィスが森で出会ったゴールデンレトリーバー犬はバノダイン研究所から逃 げてきた人間並みの知能を持つ犬であった。トラヴィスは犬をアインシュタイン と名づけた。アインシュタインはその知能と外見ゆえ、アウトサイダーという変 種の怪物、殺し屋、NSAに追われるが…!? (倉田さんによる)
1994.8/1~8/12 (10回)

(再)「北壁の死闘」

1992.8放送分
1994.8/15~8/26 (10回)

「あの夜が知っている」

[あらすじ] 十歳の時の記憶を取り戻しかけたことから、命を狙われるようになった男。 母の殺される現場を、彼は目撃しているからだ。 自分の身を守るためには、犯人を思い出すしかない。 精神科医の助けを借りて、彼は幼時の記憶をさかのぼる。
1994.8/29~9/9 (10回)

「アナスタシア・シンドローム」

[あらすじ] 女流作家のジュディス・チェースは自分の出生の謎を探るために、 催眠療法を受けて幼時にさかのぼる。しかしその時、 ジュディスの歴史小説に登場する一人の女性が、 彼女の精神に転移してしまった。
1994.9/12~9/23 (10回)

(再)「くたばれ! ビジネスボーグ」

1993.9放送分
1994.9/26~10/7 (10回)

「アリアドニの遁走曲(フーガ)」

[あらすじ] 人工衛星からのレーザー攻撃を防ぐ特殊なバクテリアを開発した 少女科学者アリアドニは、研究の半ばで突然疎開させられ、 貴重なバクテリアは全滅してしまう。これは叔母をはじめとする大人たちの陰謀に 違いないとにらんだアリアドニは、疎開先を抜け出し、単身ケベックを目指す。
1994.10/11(火)~10/21 (9回)

「バイオレンス・ジャック」

[あらすじ] 大地震によって日本列島から切り離され、見捨てられた関東。 無法地帯と化した関東のスラム街で生活する子供たちの前に、 暴力と荒廃をもたらす男、バイオレンス・ジャックが姿を現す。
1994.10/24~11/4 (9話)

「笑う20世紀」

  1. 恐怖の駅前商店街
  2. 寄席・オブ・ドリームズ
  3. 南関東大地震
  4. メンデレビウム・カード
  5. 言語十番勝負
  6. ドラマチックな恋
  7. 清き一票
  8. 借りもの競走
  9. パパのガイガー

使用曲……OP/ED=和田アキ子「笑って許して」

備考: 11/3は休み

[あらすじ] 医者が増えすぎて過当競争になった結果、 強制的に患者をつかまえようとする恐怖の商店街(第一話)、 ゴールドカードの上を行く最高級のカードの秘密(第四話)など。 謎の言葉「ばか」の意味を求め、 失われた聖典「コク・ゴジテン」を探す第五話が傑作。
1994.11/7~11/18 (10回)

「カルパチア綺想曲(ラプソディ)」

使用曲……OP=「LES MACHINES」(アルバム『GERMINAL』収録)/ ED=ROYAL HUNT「EPILOGUE」or「THIRD STAGE」 (『CLOWN IN THE MIRROR』収録)

[あらすじ] 新聞記者のジョーの前に六年ぶりに姿を現した父ジェラード。 彼のもとに早速、仕事の依頼が舞い込んだ。 カルパチアの城塞に捕われている侯爵を救出してほしいというのだ。 ブダペストに飛んだ一行を、奇怪な吸血鬼騒動、 狼のような獣の出没事件が出迎える。 そして依頼人イオンの不審な行動の裏にあるものは……。
1994.11/21~12/2 (10回)

(再)「サンタクロースが歌ってくれた」

1993.12放送分
1994.12/5~12/16 (10回)

「レディ・スティンガー」

[あらすじ] 睡眠薬入りカクテルで男を眠らせ、荷物や金を奪う抜き取り詐欺で稼ぐマギー。 ある時ジャックという男の荷物を奪おうとしたことから、 とんでもない事件に巻き込まれてゆく。
1994.12/19~12/24 (5回)

「イノシシが来た」

[あらすじ] 一年間かわいいいのししの姿で人間世界を観察することになる銀河連邦の調査員が、 1994年の日本のできごとについてレクチャーを受ける。

1995年

1995.1/2(9:00~11:00) (120分)

☆ 「カムイ外伝」

使用曲……OP/ED=松居慶子「THE WIND AND THE WOLF」(同名アルバム収録)

[あらすじ] 忍の世界に矛盾を感じ、より人間らしい生き方を求めて抜け忍となったカムイ。 しかし、次々とやってくる追手を、自分の身を守るために倒さなくてはならない。 同じ抜け忍同士でさえ、心を許すことはできないのだろうか。
1995.1/3(9:00~11:00) (120分)

☆ (再)「イズァローン伝説」

1994.1/2放送分
1995.1/4(水)~1/27 (13回)

「三銃士」

[あらすじ] 今さら説明するまでもないが、熱血青年ダルタニアンと三銃士が、 国王を助けて活躍する物語。

備考: 1/17からは震災報道のため中断、23日以降に第9回から放送し直した。


1995.1/30~2/10 (10回)

「リプレイ」

使用曲……ED=「BAD DREAMER」(『クリス・クロス』サントラ収録)

[あらすじ] 心臓麻痺で死んだと思ったら少年時代の自分に逆戻りし、 人生をもう一度やり直すことになった男。 いや、もう一度どころではなく、 彼の人生は時計の振り子のように、何度も何度も際限なく繰り返されたのだ。 そしてやがて、彼以外にも同じような「リプレイヤー」がいることがわかってきた。
1995.2/13~2/24 (10回)

「吸血鬼ドラキュラ」

[あらすじ] 今さら説明するまでもないが、吸血鬼と科学者との対決を描く物語。
1995.2/27~3/3 (5回)

「せえけつ教育委員会ホイホイ」

[あらすじ] 環境保護の行き過ぎで、不潔であることが美徳になってしまった近未来、 ついに隠れキレイ好きたちが手を結び、清潔な生活を取り戻すために立ち上がった。
1995.3/6~3/10 (5回)

「オーバー・ザ・ハポン」 ――空の彼方へ――

  1. こたつ
  2. 赤いりんご
  3. ワンダーパーク
  4. 迷路
  5. 空の彼方
[あらすじ] 真昼の国から「日出ずる国」ハポンへやってきた少年トキオの見聞録。 相棒は船の中で取り憑いてきた、ウィスパという名の変な天使もどき (当然、トキオにしか姿は見えない)。 だが、着いた途端に親切そうな大人にだまされて工場に売られてしまったりして、 前途は多難だ。
1995.3/13~3/17 (5話)

(再)「笑う20世紀」

1994.10放送分より、前半5話)
1995.3/20~3/31 (10回)

(再)「あの夜が知っている」

1994.8放送分


「青春アドベンチャー・つづき」につづく...
ふたりの部屋 / カフェテラスのふたり / FMアドベンチャー / アドベンチャー・ロード / サウンド夢工房 / 《青春アドベンチャー》 / 青春アドベンチャー・つづき

* タイトル索引
* ラジオドラマのページへ

* 作者・出演者検索出張所:
人名 作品タイトル

質問・意見・バグ情報などは

津村一昌 (tsumura@fml.ec.tmit.ac.jp)
まで。