「FMシアター」放送タイトル一覧

1991年(日曜夜10:00~11:00、四月より日曜夜11:00~11:50)

 月.日 タイトル            月.日 タイトル
 1. 5 キャロル<第一部>         7. 7 白の森・不思議
 1. 6 キャロル<第二部>         7.14 まだ夜ではないが、もう昼でもない
 1.13 炭を焼く             7.21 砂の駅
 1.20 妊娠カレンダー          7.28 モーツァルトを聴くハナコと
 1.27 留守番電話                          5匹の子猫
 2. 3 朱に色どる回廊の         8. 4 死んだら神様よ
 2.10 幻の林道             8.11 サハリン・シンフォニー<第一部>
 2.11 木と水への記憶          8.12 サハリン・シンフォニー<第二部>
 2.17 電光仮面最後の戦い        8.15 兄の島
 2.24 厳冬・凍れ蕎麦伝説        8.25 チャオ・チャオ・バンビーノ
 3. 3 ヒーローになりたかった男     9. 1 鏡の向こう側
 3.10 海の雪(再)            9. 8 我が歌よ、祖国に響け
 3.17 少年N(再)             9.15 夏の終りに
 3.31 夢の男(再)            9.29 炭を焼く(再)
 4. 7 夜のコーラス(再)        10. 6 僕はかぐや姫
 4.14 ネオン             10.13 レプリカント・パレード
 4.21 逢魔が時に           10.20 自動起床装置
 4.28 骨たち<前編>          10.27 ア・ルース・ボーイ
 4.29 骨たち<後編>          11. 4 船宿
 5.12 テン・カウント         11.10 雨の夜の冒険
 5.19 現代病草紙           11.17 進化論ホテル
 5.26 サマータイム          11.24 冬の虹
 6. 2 耳と耳のあいだに        12. 1 飛・び・ま・す
 6. 9 おねいちゃん          12. 8 シリウスC
 6.16 渇水(再)            12.15 武蔵のたんこぶ
 6.23 愛と希望のアンビシャス計画   12.22 クジラがいた日々
 6.30 砂漠巡行


1991.1.5(土)
1991.1.6

「キャロル」

[あらすじ] 世界から「音」が奪われていくことに気づいた少女キャロル。 彼女は異次元の国ラ・パス・ル・パスに呼び寄せられ、 大魔王ジャイガンティカの復活を阻止するための冒険に旅立つことになる。
1991.1.13

「炭を焼く」


1991.1.20

「妊娠カレンダー」

[あらすじ] 姉の妊娠で家族の中での自分の居場所がなくなったと感じた妹は、 胎児に害があるというグレープフルーツをわざと食べさせようとする……。 妊娠をめぐる微妙な心理と生理の変化を、 原作とは違って胎児の視点から描く。
1991.1.27

「留守番電話」


1991.2.3

「朱(あけ)に色どる回廊の」


1991.2.10

「幻の林道」


1991.2.11(月) (10:30より75分)

「木と水への記憶」

[あらすじ] 山歩きをしていた私は、滝の前で行者らしい不思議な男に出会う。 男は、私が来ることを「自分自身に知らされて」待っていたのだと言う。 そしてもう一人の道連れ、「命の子供」――生まれ出る前の、まだ形を持たない命。 男の案内で彼らは山の中に分け入り、さまざまな形での生命との出会いを体験する。
1991.2.17

「電光仮面最後の戦い」

[あらすじ] かつて「電光仮面」に扮して日本中の子供に愛と勇気を教えた男も、 今は還暦を迎えたおじいちゃん。 息子は家庭を捨てて出ていき、娘からは事あるごとに嫌みを言われるような日常。 そんな折、かつての宿敵からの挑戦状が届く。 孫を取り返すために、男は再び電光仮面として立ち上がった……。
1991.2.24

「厳冬・凍(しば)れ蕎麦伝説」


1991.3.3

「ヒーローになりたかった男」


1991.3.10

(再)「海の雪」

1989.8.5放送分
1991.3.17

(再)「少年N」

1990.10.14放送分
1991.3.31

(再)「夢の男」

1990.12.16放送分

(ここまでは日曜夜10:00~11:00/以降は日曜夜11:00~11:50)

1991.4.7

(再)「夜のコーラス」

1990.7.8放送分
1991.4.14

「ネオン」

[あらすじ] アンドロイド技術者のアキオは、通常三日しかもたないアンドロイドの記憶容量を 大幅に増やした「ネオン」を完成させた。彼女を工場から連れて逃げ出したが、 直後に追い剥ぎに奪われてしまう。 二年後にようやく取り返したネオンは、彼のことを覚えていなかった。 アキオは老朽アンドロイドのミミカと一緒に暮らしながら、 ネオンのその後の生活を監視し始める。
1991.4.21

「逢魔(おうま)が時に」

[あらすじ] ビルの階段の踊り場で、くたびれたセールスマンと一人の少女が出会う。 少女はこのビルの屋上で夕陽を見るために登ってきたのだと言うが、 階段は途中で閉鎖されていて上れない。 だが、男の記憶が確かなら、今日は掃除のためにこの扉が開く日だ。 それまでの時間を、二人はお喋りしながら待つことにする。
1991.4.28
1991.4.29(月)

「骨たち」


1991.5.12

「テン・カウント」


1991.5.19

「現代病草紙(げんだいやまいぞうし)」

[あらすじ] 突然倒れて、病院に運び込まれた詩人が体験する入院生活。 テーマソングのインパクトが強すぎて、内容の方はあまりよく覚えていない。
1991.5.26

「サマータイム」


1991.6.2

「耳と耳のあいだに」

[あらすじ] 釧路の湿原で動物の姿を撮りつづけるカメラマンと、 何のためかよくわからないがそこにいた女との出会いを描く。
1991.6.9

「おねいちゃん」

[あらすじ] 喘息の妹を病院に送ってきて、自分も一緒に入院することになってしまったヨシミ。 小児病棟内には、「リーダー」に服従することという暗黙の掟があった。 陰湿な体制に反発するヨシミだが、その気骨を買われて、 彼女自身が次のリーダーに選ばれそうになる。 そんな折、万引きを強要された妹のなおみが、病院を脱走してしまった。
1991.6.16

(再)「渇水」

1990.10.21放送分
1991.6.23

「愛と希望のアンビシャス計画」

[あらすじ] 老年人口の増加で、老人ホームに入るのにも試験が必要になった時代、 国立のホームへ入るために予備校に通う老人たちの物語。
1991.6.30

「砂漠巡行」

[あらすじ] 母を連れてイスラエルに旅行した男が、 どういうわけか巡礼の一行に加わる羽目になり、とうとう洗礼まで受けてしまう。
1991.7.7

「白の森・不思議」

[あらすじ] バスで乗り合わせた女たちは、偶然にも同じ村の出身だった。 彼女たちは今はダムの底に沈んでいるその村――「白の森」での、 なんとも非現実的な体験を話し合う。
1991.7.14

「まだ夜ではないが、もう昼でもない」


1991.7.21

「砂の駅」


1991.7.28

「モーツァルトを聴くハナコと5匹の子猫」


1991.8.4

「死んだら神様よ」

[あらすじ] 落ちこぼれの工兵部隊と、慰問にやってきた沖縄舞踊団との束の間の交流を描く。
1991.8.11
1991.8.12(月)

「サハリン・シンフォニー」

(第一部・青春と海 / 第二部・海山の祭り) [あらすじ] 明治初期にロシアへ売られた祖母は、現地の青年と恋に落ちて一緒に逃げ出し、 サハリンで母を産んだ。今は日本に住む娘が、女三代にわたる歴史を回想する。
1991.8.15(木)

「兄の島」


1991.8.25

「チャオ・チャオ・バンビーノ」


1991.9.1

「鏡の向こう側」

[あらすじ] 36歳の誕生日を、一人で寂しく迎えようとしているOL。 その部屋に突然、総勢七人ものセールスマンが押し掛けてくる。 彼らを追い返した後も、なぜか次から次へと訪問者がおとずれ、 そのたびに彼女は急速に年をとっていく。 それは、孤独でみじめな自分の未来の姿なのだった。
1991.9.8 (2:30より60分)

「我が歌よ、祖国に響け」


1991.9.15

「夏の終りに」


1991.9.29

(再)「炭を焼く」

1991.1.13放送分
1991.10.6

「僕はかぐや姫」


1991.10.13

「レプリカント・パレード」


1991.10.20

「自動起床装置」

[あらすじ] 仮眠室の社員を指定された時間に起こす、 起こし屋のアルバイトを始めた満。 そこで一緒になったのは、いつも植物図鑑を手放さない、 不思議な雰囲気を持った聡という青年だった。
1991.10.27

「ア・ルース・ボーイ」

[あらすじ] 県下一の進学校を中退した鮮は、 他人の子を産んだ幹を助けるために、一緒に暮らし始める。 既成観念に縛られない、自由な生き方を求める少年の物語。
1991.11.4(月)

「船宿」


1991.11.10

「雨の夜の冒険」


1991.11.17

「進化論ホテル」

[あらすじ] 物に触れることで、その場で起こった過去のできごとを知る能力を持つ神月レナオは、 あるとき偶然「地球の骨」と呼ばれる化石のかけらに触れ、 一瞬のうちに46億年の地球の歴史を体験する。 完全な形の「地球の骨」を求めて、彼は化石採集人の小泉のもとを訪れた。
1991.11.24

「冬の虹」


1991.12.1

「飛・び・ま・す」

[あらすじ] 何気なく登った団地の屋上で、何気なく目が合った主婦を驚かせるつもりで 柵の外に出てみたサヨコ。すわ飛び降り自殺と、たちまち大騒ぎになり、 両親が説得に駆けつけてくる。 サヨコはこの時とばかり、父の情けなさ、母の身勝手ぶりを糾弾しはじめるのだった。
1991.12.8

「シリウスC」

[あらすじ] 脳腫瘍にかかった兄は、 自分が「シリウスC」という星から来たのだという幻想を抱くようになる。 しかし手術によって、シリウスCの幻は腫瘍と一緒に取り除かれてしまった。 それを悲しんで、兄は家を出てしまう。 やがて、兄がしばらく自分の家にいたという連絡を受けて、 ぼくは絹枝という女性に会いにいった。
1991.12.15

「武蔵のたんこぶ」


1991.12.22

「クジラがいた日々」

[あらすじ] 父の失踪を機に、留美と母は高地の実家へ帰る。 折しも故郷の漁村では一騒動持ち上がっていた。 港に一頭のクジラが迷い込んだのだ。 しかも、留美の祖父の見立てによれば、もうすぐ子供を産みそうだという。 祖父がかつて捕鯨船乗りだったと知った留美は、 どうしてそれをやめてしまったのか聞き出そうとする。

1985年 / 1986年 / 1987年 / 1988年 / 1989年 / 1990年 / 《1991年》 / 1992年 / 1993年 / 1994年 / 1995年 / 1996年 / 1997年 / 1998年

* タイトル索引
* ラジオドラマのページへ

* 作者・出演者検索出張所:
人名 作品タイトル

質問・意見・バグ情報などは

津村一昌 (tsumura@fml.ec.tmit.ac.jp)
まで。