「FMシアター」放送タイトル一覧

1990年(土曜夜10:00~11:00、四月より日曜夜10:00~11:00)

 月.日 タイトル            月.日 タイトル
 1. 6 帰ってきた男           7. 8 夜のコーラス
 1.13 甲子園より愛をこめて       7.15 ママごと
 1.20 三億の郷愁            7.22 エアポート
 1.27 時子・21歳            7.29 ダイアルの向こう側
 2. 3 笑わば笑え            8. 5 うたかたの日々
 2.10 冬の旅人(再)           8.19 トムは真夜中の庭で
 2.17 井戸の底にいるのだーれ?     8.26 見えない雲
 2.23 天の記憶             9. 2 鍋の中
 3. 3 光の音色             9. 9 日本人名辞典(再)
 3.10 街の底にもう一つの街が      9.16 光の音色(再)
 3.17 本覚坊遺文(再)          9.23 天の記憶(再)
 3.25 大いなる黄昏(再)         9.30 椿の海の記(再)
 3.31 カモメの駅から(再)       10. 7 村の名前
 4. 1 赤い鳥・ひとり(再)       10.14 少年N
 4. 8 ブロンズの愛          10.21 渇水
 4.15 幽霊故郷に帰る         10.28 チングー・韓国の友人
 4.22 タローを待ちながら       11.11 二人でディナーを
 5. 5 黒ねこルドルフの冒険      11.23 人魚の森(再)
 5. 6 モーツァルトの暗殺       11.24 黒ねこルドルフの冒険(再)
 5.13 町内会バス旅行         11.25 続・黒ねこルドルフの冒険
 5.20 みどりの公園          11.25 天使がいた街
 5.27 地球の耳            11.30 スペードのJはわたしのもの
 6. 3 幸福の恥ずかしさ        12. 1 白華~湖底の譜
 6.10 恐竜は語る           12. 2 トシの海
 6.17 みおすじ            12. 9 鰻ともならである身や
 6.24 多摩川             12.16 夢の男
 7. 1 木を植えた男          12.23 JODK――消えたコールサイン


1990.1.6

「帰ってきた男」

[あらすじ] 中央アジア奥地の遺跡を探険に行った男が、数百キロ離れた砂漠で救出される。 帰国後に彼は、その石造りの家が立ち並ぶ砦の町で体験した、 神秘的な出来事を話し始める。
1990.1.13

「甲子園より愛をこめて」

[エッセイ「浮気人類進化論/弱者にもチャンスはある」(竹内久美子・作,中嶋洋子・朗読)つき]
1990.1.20

「三億の郷愁」

[あらすじ] 地震に巻き込まれて、昭和四十年代の東京に タイム・トリップしてしまった浅井と江藤。 そういえば、あの三億円強奪事件が起こったのはこの年だ。 そこで浅井は、ある大胆な計画を思いつく。
1990.1.27

「時子・21歳」

[エッセイ「距離について」(徳永 進・朗読)つき]
1990.2.3

「笑わば笑え」

[エッセイ「人生はひとり芝居」(中島淳一)つき]
1990.2.10 (120分)

(再)「冬の旅人」

1988.5.7放送分
1990.2.17

「井戸の底にいるのだーれ?」

[エッセイ・向井承子「漂流する家族」より「老い路、車路」「兎の効用」つき]
1990.2.23

「天の記憶」

[あらすじ] 宇宙から降り注ぐニュートリノをとらえるために鉱山の地下に作られた観測施設、 カミオカンデ。「私」は毎晩地の底に潜り、計器を監視しながら、 はるかな天体に想いをはせる。 そんな「私」がある晩、公園で犬の足跡を採取している変わった男に出会った。
1990.3.3

「光の音色」


1990.3.10

「街の底にもう一つの街が」

[エッセイ「神田昭和史」(須藤出穂・作,関根信昭・朗読)つき]
1990.3.17

(再)「本覚坊遺文」

1988.1.9放送分
1990.03.25(日) (110分)

(再)「大いなる黄昏」――三木露風の生涯


1990.3.31

(再)「カモメの駅から」

1989.6.17放送分

(ここまでは土曜夜10:00~11:00/以降は日曜夜10:00~11:00)

1990.4.1

(再)「赤い鳥・ひとり」

1989.4.22放送分
1990.4.8

「ブロンズの愛」

[あらすじ] 二体のブロンズ像が、長い年月の間に見てきたさまざまな人間の姿を 語り合う、という内容だったと思うがよく憶えていない。
1990.4.15

「幽霊故郷に帰る」


1990.4.22

「タローを待ちながら」 ――内幸町あたごホテル――


1990.5.5(土) (朝10:30より80分)

「黒ねこルドルフの冒険」


1990.5.6 (140分)

「モーツァルトの暗殺」


1990.5.13

「町内会バス旅行」


1990.5.20

「みどりの公園」


1990.5.27

「地球の耳」


1990.6.3

「幸福の恥ずかしさ」


1990.6.10

「恐竜は語る」


1990.6.17

「みおすじ」


1990.6.24

「多摩川」

[あらすじ] 詩や音楽、講談、そして様々な人々の証言を組み合わせて、 多摩川の歴史と風景をつづるドキュメンタリー。
1990.7.1

「木を植えた男」

[あらすじ] 旅人はとある荒野で、たった一人で木を植え続けている男に出会う。 数年後に再び訪れたとき、その一帯はみごとな森に変わっていた。 そこに住む人は誰も、その森が一人の人間の力で作られたことを知らず、 信じようともしない。 そして男は今もなお、別の荒野に木を植え続けているのだった。
1990.7.8

「夜のコーラス」

[あらすじ] 痴呆症の母親をかかえた共稼ぎの夫婦。介護疲れで夫婦の関係にも軋みが生じている。 日々記憶の退行してゆく母親は、息子を自分の夫と取り違えるようになり、 それをきっかけに、終戦時に息子をつれて満州から脱出した思い出をよみがえらせた。
1990.7.15

「ママごと」


1990.7.22

「エアポート」


1990.7.29

「ダイアルの向こう側」


1990.8.5 (120分)

「ボリス・ヴィアンの“うたかたの日々”」

[あらすじ] ハツカネズミと一緒に暮らすコランは、クロエという娘と恋に落ち、やがて結婚する。 しかしクロエは、胸の中に水蓮が咲くという奇病にとりつかれてしまった。 ……というようなシュールなイメージに彩られた、悲恋の物語。
1990.8.19

「トムは真夜中の庭で」


1990.8.26

「見えない雲」


1990.9.2

「鍋の中」


1990.9.9

(再)「日本人名辞典」

1989.7.8放送分
1990.9.16

(再)「光の音色」

1990.3.3放送分
1990.9.23

(再)「天の記憶」

1990.2.23放送分
1990.9.30

(再)「椿の海の記」

1989.8.26放送分
1990.10.7

「村の名前」

[あらすじ] 中国にやって来た商社マンは、桃花源村という名の村に案内される。 幻想的な名前に、桃源郷のイメージを抱いて期待をつのらせる男。 確かに変な事件は次々と起こるが、 そのどれもがどうにも現実的な、なまぐさい出来事ばかりなのだった。
1990.10.14

「少年N」


1990.10.21

「渇水」

[あらすじ] 水道料金未払いの家の水を止めにきた二人の水道局員。 その家には、幼い姉妹が二人きりで住んでいるだけだった。 それでも彼らは、心を鬼にして水を止めなくてはならない。 後日二人は、姉妹が家で餓死したことを知らされる。
1990.10.28

「チングー・韓国の友人」


1990.11.11

「二人でディナーを」


1990.11.23(金) (朝10:30より80分)

(再)「人魚の森」

1989.11.3放送分
1990.11.24(土) (朝10:30より80分)

(再)「黒ねこルドルフの冒険」

1990.5.5放送分
1990.11.25 (朝10:30より80分)

「続・黒ねこルドルフの冒険」


1990.11.25

「天使がいた街」


1990.11.30(金)

「スペードのJ(ジャック)はわたしのもの」


1990.12.1(土)

「白華(びゃくげ)~湖底の譜」

[あらすじ] 台風で増水した川の中から、以前助けてやった魚が美しい女の姿で現れ、 男の願いを一つかなえてやるという。 男は魚になって水の中で暮らすことを望む。 連れていかれた湖底は、この世の楽園のような所。 しかしそれは見かけだけで、実は地上からの汚染物質が滞留して 深く侵されているのだと聞かされる。
1990.12.2

「トシの海」


1990.12.9 (75分)

「鰻(うなぎ)ともならである身や」 ――俳人富田木歩の生涯――

[座談会「富田木歩の世界」(上田都史,花田春兆ほか)つき]
1990.12.16

「夢の男」


1990.12.23 (12:00より60分)

「JODK――消えたコールサイン」

[あらすじ] JOAK, JOBK, JOCK―― 普通、戦前からある日本のラジオ局として挙げられるのはここまで。 だが、実はもう一つ、終戦と同時に消えた幻のコールサインがあった。 JODK、京城中央放送局である。その最後の一夜を、ドキュメンタリータッチで描く。

1985年 / 1986年 / 1987年 / 1988年 / 1989年 / 《1990年》 / 1991年 / 1992年 / 1993年 / 1994年 / 1995年 / 1996年 / 1997年 / 1998年

* タイトル索引
* ラジオドラマのページへ

* 作者・出演者検索出張所:
人名 作品タイトル

質問・意見・バグ情報などは

津村一昌 (tsumura@fml.ec.tmit.ac.jp)
まで。